HOME>SEIKO>PRESAGE Urushi dial Model SARX029
SEIKO PRESAGE Urushi dial Model SARX029 セイコー プレサージュ メカニカル 漆ダイヤルモデル
ご注文はショッピングコーナーからどうぞ。動画
セイコー プレサージュ メカニカル 漆ダイヤルモデル
<セイコー プレザージュ>は、日本製の自動巻(手巻つき)ムーブメントを搭載した、機械式ウオッチブランドです。サファイアガラス、耐磁性能、10気圧防水を標準装備する高い実用性ならびに、機械式ならではの味わいとファッション性が、機械式ウオッチに興味を持つ20〜40代のビジネスマンや、メイド・イン・ジャパンを重視する外国人旅行者から高い評価を得ています。
<セイコー プレザージュ>の頂点シリーズである「プレステージライン」から発売する本モデル(2機種)は、日本の伝統技術が息づく「漆」をダイヤルに採用し、雅な日本の美しさで新たな価値を提案する、メイド・イン・ジャパンの機械式ドレスウオッチです。
≪商品の特徴≫
英語で漆や漆器を“japan”と表記するように、「漆」を使った工芸品は日本伝統のものであると認められ、その美しさと実用性が高く評価されています。漆ダイヤルを用いた本商品は、漆芸家 田村一舟氏の審美眼と、脈々と受け継がれる伝統技法と現代の製造技術の融合により実現した、優雅で美しいモデルです。
日本の伝統美をモダンに演出
金属と漆を直接結びつける革新的な製造手法と、平滑面を生み出す古来伝承の技を組み合わせて仕上げるダイヤルは、多くの漆器職人が携わり、何十回も塗りと研ぎを繰り返すことにより生み出されています。ダイヤルに塗る漆は美しい光沢をたたえつつも、針の動きを邪魔しない厚みに仕上げる必要があり、高度な技術が必要とされます。その中心となっているのが、日本を代表する漆芸家 田村一舟氏です。希少な国産漆と職人の技により、無限の奥行きを感じさせる艶やかな漆黒に仕上げられるダイヤルは、製造難度の高さと、一枚一枚を丹念に仕上げる手作業のため、1日に15枚程しか仕上げることのできない少量生産ダイヤルです。
ダイヤルのレイアウトは“今も昔も腕時計は道具であり、装いを彩る装飾品でもある”との認識に立ち、シンプルながらも読みやすいデザインにしています。10回もの印刷を重ねてつくり上げる立体的なローマ数字や、半艶の金色で仕上げた針などの細部の作り込みが、純黒とも称される漆黒のダイヤルに古典的な伝統美を再現しつつも、美しさを引き立てています。また、漆は固化せずに硬化を続けるため劣化せず、耐久性が半永久的に高まり続ける特性をもっています。
漆ダイヤルを堪能できる2つのデザイン
エレガントなフォルムのケースに優美な曲線を描く金色の時分針を合わせ、時の流れに左右されない普遍的な魅力を表現しています。ダイヤルを覆うガラス内面には、光の反射を抑える無反射コーティングを施し、漆の美しさを際立たせています。また、裏ぶたはシースルーバックになっており、ダイナミックな回転錘の動きや精緻なてんぷの動きをご覧いただけます。
・3針モデル(SARX029)
漆の艶やかな美しさが際立つシンプルな3針モデルは、無駄をそぎ落としているからこそ堪能できる、清々しい佇まいが印象的なモデルです。


SEIKO PRESAGE Urushi dial Model SARX029 セイコー プレサージュ メカニカル 漆ダイヤルモデル

SEIKO PRESAGE Urushi dial Model SARX029 セイコー プレサージュ メカニカル 漆ダイヤルモデル

SEIKO PRESAGE Urushi dial Model SARX029 セイコー プレサージュ メカニカル 漆ダイヤルモデル

SEIKO PRESAGE Urushi dial Model SARX029 セイコー プレサージュ メカニカル 漆ダイヤルモデル

SEIKO PRESAGE Urushi dial Model SARX029 セイコー プレサージュ メカニカル 漆ダイヤルモデル





定価及び販売価格は税込み表示です。
拡大写真やカタログの色と実際の色は、多少異なる場合がございます、ご了承下さい。
上記の製品仕様は予告なく変更することがあります。
Copyright(C) タナカ時計店 All Rights Reserved.
無断転載・複製を禁じます。 
トップページへ時計・用語解説お買い物方法お問い合わせこのページを閉じる